オタクだって恋愛したい、自己嫌悪が恋愛を難しくさせる現実

オタクは恋愛に興味がないと考えられがちですが、実はそんなことはありません。
私もオタクですが、常に恋愛をしたいと思っています。
ではなぜ多くのオタクに恋人がいないのかというと、恋愛に対するプライオリティーが低いからなのです。
自分の趣味より時間を使う価値があると思える相手がいれば積極的に恋をします。
そんなオタクの恋愛対象は多岐にわたっていて、男子であれば同じオタクの女子から清楚系、ギャル系まで対象になり、女子の場合も同様に幅広い男性が恋愛対象になります。
しかし、実際に恋愛に発展することは多くありません。
相手が私にとって恋愛対象になっていたとしても、相手の方は私が恋愛対象になっていないからです。
その理由は一概には言えません。
ルックスの問題や性格、趣味、生活習慣の相違など人それぞれです。
自己嫌悪か恋愛に対する免疫がないのが原因かもしれません。
その壁を越えるのは容易ではないのです。